ラパリムス錠はどのようなお薬ですか?

  1. ホーム > 
  2. ラパリムス錠を処方された患者さん、ご家族の方へ > 
  3. ラパリムス錠はどのようなお薬ですか?

ラパリムス錠はどのようなお薬ですか?

 ラパリムス錠はリンパ脈管筋腫症に使われる飲み薬です。
 リンパ脈管筋腫症は英語でlymphangioleiomyomatosisといい、そこからLAMと略してよばれることもあります。
 LAMは妊娠可能な年齢の女性に発症する腫瘍性疾患のひとつです。男性が発症することはほとんどありません。
 LAMの症状は、体を動かしているときの息切れ、咳、痰、血痰(血が混じった痰)、喘息のような喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒューという雑音)などです。肺が破れて空気が漏れる気胸を生じ、胸の痛みや呼吸困難がみられることもあります。
ラパリムス錠の副作用について

LAMとは?

どのように作用するお薬ですか?

 LAMの患者さんでは細胞の増殖等をコントロールするスイッチ(TSC1 またはTSC2 遺伝子)の異常により、リンパ管や血管および細胞を作る働きのあるたんぱく質(mTOR)の働きが必要以上に活発になっています。ラパリムス錠は活発になりすぎたmTORにブレーキをかけ、LAM細胞の増殖を抑えます。

ラパリムス錠の副作用について

ラパリムス錠のご紹介

商品名
ラパリムス錠1mg
一般名
シロリムス
剤型
白色の糖衣錠
効能効果
リンパ脈筋腫症
使用法
通常、成人にはシロリムスとして
2mgを1日1回服用します
使用量に関する注意
患者さんの状態によって、服用の中止や服用量を減らすあるいは増やす場合がありますので、担当の医師の指示に従ってください。
PTPシート
監修 新潟大学医歯学総合病院 魚沼地域医療教育センター
髙田 俊範 先生

サイトマップ    お問い合わせ    個人情報保護方針    著作権について    ご利用にあたって

© 2017.Nobelpharma Co., Ltd. all right reserved.